30代、女性です。艶黒美人は悪評

渡士が子どものころ、親の白髪を抜くごとに1円のおこづかいを貰っていました。

子どものときは、おこづかい目当てで特に気に停めることなくプチプチと親の白髪を抜いていましたが、年齢の割には白髪が多い方だなと思っていました。

私自身も、20代の頃はブリーチしたり、流行の髪色だったり、好きなヘアスタイルを楽しんでいましたが…

30歳を越えたあたりから、急激に白髪が増えてきて、美容室では白髪染めしか頼めなくなりました。

利用する美容室のサイトでは外国人風などのお洒落なカラーメニューがあるにも関わらず、白髪染めを売りにしている美容室しか利用することができません。

同じ30代でも見た目を気にせず白髪だらけの方も見かけたりしますが、人生楽しいのかな?と心配をしてしまうほど。私はお洒落が大好きだから、自分のファッションの幅を狭める白髪の存在がとても憎くて堪らないのです。

人生100年時代、まだまだこれからだというのに、こんなに早くから髪の心配をしなければならなくなってしまったことに、とても悔しさと寂しさを覚えています。

白髪がお洒落だなんて、年配の人への遠慮でしかないと思います。

白髪のせいで人生を棒に振ってしまった思いです。