渡英してから私の食生活は180度変わりました。

イングリッシュブレックファーストやフィッシュ&チップス、ポークパイなど肉に偏った食事が多く、気づいたら1年で5kgも増えてしまいした。

快糖茶の悪い口コミや評価を購入して検証!

「明日からヴィーガンになるので良かったらどうぞ」

とお隣に住む若い夫婦が冷蔵庫の残り物のチーズや鶏肉などの動物性食品を私に託してきたのである。

KFCケンタッキーでミートフリーのチキンバーガーが販売されたり、netflixの映画「The Game Changers:スポーツ栄養学の真実」が話題になりヴィーガンブームが過熱している昨今。

今までヴィーガンダイエットは『栄養が怠り不健康』と思われがちで、そんな私も動物性たんぱく質の摂取は必須と信じていました。

ところが実際は植物性からでも十分にタンパク質を補えることが科学的にもわかったそうです。

家畜が食べる植物が仲介されて私たちの身体に取り組まれているなら、そのまま植物性のものを食べた方が良いですよね。

それに多くのタンパク質を必要とするアスリートですらヴィーガンになってからでも自己最高記録を樹立できています。

明日はヴィーガンマーケットに行くの。とみるみる肌ツヤがよくなってるお隣さんを見て、1週間前にヴィーガンを決心しました。

体重はまだ変わらないものの疲れにくくなり、食後のダルさが無くなり、集中力もアップしました。

『短期で痩せるダイエット!』など効果がすぐに得られそうなものに惹かれがちですが、今は一過性で痩せて細くなった見た目だけでなく、環境意識、ライフスタイルが重視される時代です。ヴィーガンが1番という事では無く、それぞれに合ったやり方で『食』を見直すことがダイエット/健康でいることの最も大切な事だと思います。