人間ないものねだりなもので、女性の胸における悩みもそれぞれだと思う。

私もその一人で、大きい胸に悩みコンプレックスを持っている。

それこそ『え~小さいより大きいほうが絶対いいじゃん!』なんて言われるのは聞き飽きた。

もちろん、あくまで私一個人の意見でありボヤキなので、サラッと聞き流してくれて構わない。

でももしこれを読んで、『あ~大きい人も色々大変なんだな。』と思ってくれる方が一人でも増えてくれれば幸いだ。

http://www.mullettlake-maps.org/

まず第一に、洋服選びが大変でなにかと制限される!

特に前開きになっているブラウスやシャツなどは、ボタンが閉まったとしてもボタンとボタンの間が開き、

中がこんにちは状態でせっかくのおしゃれも台無しなのだ。

ジャケットなどもそうで、ボタンを閉じて着たくても閉まらなかったり、閉まったとしても胸元の部分が不自然な形になり、

おしゃれを楽しむ洋服に色々制限がされてしまう。

胸元を強調したくなくても、結局胸元のラインが出てしまい、そういうものを敢えて着ていると思われることも迷惑な話だ。

そして二つ目として、下着のサイズが上がる程にデザインも制限される上に、値段は高くなるという負のループ。

綺麗なデザインだと思っても、サイズ展開がされていなかったり、同じデザインのはずなのに大きいサイズだと可愛いさが半減して見えたり。

なのに結局材料費として布を多く使う分、値段はどんどん上がっていく。

下着に関しては、大きい胸で得なことは何もないと感じる。

最近では同じような悩みを抱えている女性も多いようで、胸が小さく見える下着などもあり、

大きい胸を悩みに持つ女性に少し優しい世の中になってきた。

今回あげた2点は悩みのほんの一部に過ぎない。

何事も大きけりゃいいってものではなく、やはり何事もバランスが大切なのだ。