まずは小学生、ずっとロング黒髪キープ。つるつるさらさら何の悩みもなく過ごす日々。中学、高校と部活に励むためにもと黒髪ショート時代に入る。髪の艶コシあり。なんの悩みもなし。高校部活引退を期に、髪を伸ばし始める。

MEDULLA(メデュラ)シャンプーを3ヶ月間使用した

ミディアムになり、ボーイッシュからキュートに変化。前髪もいっぱいで若さ炸裂中。大学入学前にヘアカラーで茶髪人生の始まり。若さゆえ、茶髪でも艶あり。大学生活ヘアカラーと共にファッションも楽しむ日々。ヘアカラーの繰り返しによって髪が傷み始める。枝毛やパサパサ感あり。

しかし、時間もお金も余裕がある時期、サロンではかならずトリートメントを行い髪質を保つ。たしかこの頃は、自宅のメンテナンスとしても高いヘアパックをしてたなー。大学生後半はロング茶髪をキープ。そして、卒業とともに黒髪に戻る。だんだんとヘアサロンでトリートメントすることもなくなる。結婚妊娠を期にミディアムに。そして、ここからまったく髪におカネをかけなくなる日々。

ただでさえ年齢とともに艶コシがなくなるのに、もはやそこに費やすお金と時間がない。シャンプーリンスも高価なものから安価なものへと変わり、艶コシあり時代の面影無し。子育てが落ち着く頃には、また髪をいたわる余裕がでてくるのだろうか?今こそこの髪にお金をかけて艶をだしてあげたいのにジレンマに襲われる。あー私の髪よ!今の放任を責めずに5年10年と仲良くしてください。去っていかないでね。