孫のマラソン大会を見学して感じたこと

孫のマラソン大会の見学に行ってきました。1学年が3クラス程度の学校なので、低学年と高学年に分かれてマラソン大会が行われました。最初に2年生が走りました。多分、1年生に様子をみさせるために2年生が最初だったのでしょう。

つぎに孫がいる、1年生です。もちろん、みな体育着で走っているので、本人を見分けるのがよく見分けられませんでした。しかし、本人は母親が見学できないこともあって、私が行くのをとても楽しみにしていたので、家に帰ってきたらとても頑張ったねと声をかけてやるつもりです。最初と最後にはいなかったので、多分中ほどで団子じょうになって入っていったところにいたのだと思います。

 次は一番上の孫の3年生のマラソンでした。こちらは、距離もあるていどあったので、団子状にはなりませんでした。こちらも、孫の姿は中程に見ることが出来ました。少し寒かったですが、厚着をしていったので、それほどふるえる程でもありませんでした。

2人とも速くも遅くもなく真ん中という結果でしたが、最後までよく頑張ったねと声をかけてやるつもりです。歩いていったので、良い運動にもなりました。また、孫が帰ってきたら、おいしいおやつと思って、少し甘いお菓子を途中のスーパーに寄って買いました。