よくインターネット上で「2週間で10kg痩せたダイエット法」などの記事がありますが、絶対にしないほうがいいことをお勧めします。

その理由を下記に記していきます。

http://www.okanaganchangemakers.com/

人間には、ホメオスタシスという機能が備わっています。

簡単にいうと「現状から変化しないでいよう」という体の機能です。

そしてその変化が急激であればあるほど、ホメオスタシスも強く機能します。

例えば、昼食の後すごく眠たくなることは誰もが経験したことあると思います。

あれは、短い時間で血糖値が急上昇することで体がその変化を止めようとするために、逆に下げすぎてしまい、身体中の血糖値が下がることで起こります。

これと同じ事例がリバウンドです。

短期間で一気に体重を落とすことで、そのあとに以前の体重よりも増えてしまう現象です。

このことから短期間で体重を落とすことは、決して行わないほうがいいと言えます。

ではどうすればいいか?

答えは、ゆっくり落としていくのです。

そうすることで体はその変化に過剰に反応することなく、リバウンドを防ぎ、確実にダイエットをすることができます。

また、急激に痩せるとなると、過度な食生活の変化や運動をする必要が出てきます。そうした変化も体にとって非常に負担が大きく、食べることを我慢しすぎて、暴食してしまう、運動が疲れすぎて、寝すぎてしまうなど、「生活のリバウンド」のリスクが大きいです。

ホメオスタシスをよく理解し、確実に痩せていくことをお勧めしたいと思います。