『発毛』と『育毛』

よくCMやネット広告などで耳にすることがあると思います。意味合いとしては「なんとなく髪を生やすこと?」という印象の方が多いのではないでしょうか?そこで今回は違いと特徴について簡易的に解説してみます。

それぞれの効果としては、育毛は抜け毛の予防的効果であるのに対して、発毛は壮年性脱毛症の治療という効果があります。簡単にいうと育毛は予防で、発毛は治療といった感じですね。そのため育毛剤は健常な人が抜け毛予防に使う医薬部外品で、発毛剤は薄毛治療のための医薬品という違いがあります。

ニューモはM字ハゲに効果

それぞれの具体的な対象者としては、

・育毛剤は、髪のボリュームダウンや髪の健康状態の表れであるハリやコシの低下、頭皮を健康にしたいという方が対象です。

・発毛剤は、壮年性脱毛症である、髪の量を増やしたい、脱毛量が多い、薄毛や抜け毛を改善したいという方が対象です。

このように対象となる方が分かれているため自分にあったものを使うことが大切になります。

そして今は、育毛剤も発毛剤も様々な種類のものが発売されています。今後はもしかしたら、もっと最新鋭の商品もでてくるかもしれませんね。

この記事が皆様のお役に立てたのなら幸いです。よき育毛・発毛ライフを!