ぽっちゃりな人が筋トレをする時の注意点

太っている、ぽっちゃりしていることを気にして、体を引き締めるために筋トレをすることは、ある意味でたいへん効果的です。筋肉は周りの脂肪を効率よく燃やしてくれるので、筋肉質であればそれだけ太りにくい体質を手に入れることにも近づくからです。http://www.lionsaigon.com/

しかしながら、これはもともと筋肉がほとんどなく、とにかく脂肪がつきまくって太っているというパターンの人にあてはまる話です。太っている人にも色々あって、実は割と筋肉質なのに、そのうえにのっかった脂肪が多すぎてそう見えない、というパターンもあります。

プロレスラーや、もっと極端な例を挙げれば相撲取りなんかがそうです。彼らは一見すると腹筋も割れていませんし、相撲取りなんかは完全にブヨブヨしていますが、実はその下には鋼鉄の筋肉が隠れているのです。

プロレスラーとまではいかなくても、割と筋肉があるのに太ってもいる人がさらに筋トレをした場合、ゴリマッチョになることは出来るかもしれませんが、望むようなスラっとスリムな体形にはならない可能性が非常に高いです。

そもそも、どんなに痩せている人でも、多少の筋肉はあるものです。もしも太っている人が痩せる目的で筋トレを始めようという場合には、筋肉を増強させるようなメニューで取り組んでしまうと、完全なゴリマッチョ化してしまうかもしれないということを、念頭に置いておくべきでしょう。

時間のない人向けの筋トレ法

筋トレに興味のある方も多いと思いますが、ジムに通う時間がない、継続できないといった経験はありませんか?今回はそんな方向けに簡単な筋トレ方法についてご紹介します。

筋トレというとジムに入会して、空き時間を使ってジムに通い、トレーナーに器具の使用方法を教わり、トレーニングを行うと思っていませんか?これだと筋トレを始めるまでに膨大な時間を使う事になります。そんなことをしなくても、家の中で短時間でできる筋トレ方法がありますのでご紹介します。それは強い負荷の筋トレを20秒行っては10秒休む(30秒)というのを4種目、2周分繰り返すという簡単なものです。この方法の中で友好的な4種目について説明していきます。

鍛神(きたしん)の悪い口コミや悪評を徹底検証!効果なしで効かないの?

1.スライドスクワット

 足を大きく左右に開き、腰を落とします。膝を曲げる角度は90℃が理想ですが最初は無理のない範囲で行って下さい。その膝を曲げた状態で左右に体重移動をしていきます。左足がまっすぐに伸びるまで右に体重移動、次に右足がまっすぐに伸びるまで左に体重移動して上半身をスライドさせます。ポイントは腰や頭の高さを変えないように真横にスライドさせて下さい。

2.ひざつき腕立て伏せ

 うつぶせの姿勢になって膝をつき腕立てふせを行って下さい。これなら簡単と思った人は片方の足を膝をまげたまま上げてみましょう。より負荷がかかるのでヒップアップの効果があがりますよ。

3.スーパーマン

 うつぶせの姿勢で、両手を体の横に広げます。その時に手のひらは前向きにし、両足を揃えてまっすぐ伸ばします。その姿勢で胸を床から持ち上げ上体をゆっくり起こしていきます。その姿勢をとると自然に足もあがりますので、床との接着面はお腹だけになるような体制をキープします。

4.ひねり腹筋

 あおむけになり、膝を立てます。両手はバンザイの姿勢で頭上に伸ばします。その姿勢を保ちながら腹筋の要領で上体をゆっくり起こします。上半身を起こした後は体を左にひねります。ひねった後は正面を向きます。その時手はまっすぐ前に伸ばして下さい。その次に今度は右に体をひねって下さい。

今回ご紹介した筋トレ方法は「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」という方法です。ここでご紹介した運動以外にバービージャンプや坂道ダッシュなども有効な方法になります。1セット30秒のトレーニングを4種目行い、それを2回行うだけ。1日4分のトレーニングでも筋トレとしても効果がある方法ですので、時間のない方、筋トレって続いた事がないという経験をお持ちの方でも手軽に日常の習慣に取り込めるのではないでしょうか。

私の筋トレのメニューをお伝えしたいと思います。

私が昔取り組んでいたときの筋トレのメニューをご紹介したいと思います。昔のことなので若干忘れてしまいましたが今でも覚えていることを書きたいと思います。私は主に自宅でできる筋トレを行っていました。・スクワット30回、腕立て伏せ15回、背筋10回、ブリッジで20秒キープ、壁に倒立をして20秒キープって言う感じです。

鍛神を購入して飲んだ効果

どれも自宅にいながら簡単に行える方法でしたので毎日続けられることができていました。しかしながら最近はなかなか余裕がなくてなにもできない日が続いていました。なので結構辛かったのでやめてしまいましたが昔はそれなりに余裕があったためいいなと思ってやっていました。

特に一人では続かないなと思う人は誰か一緒にできる人を探すといいと思います。その理由は一人で行うよりも断然行いやすいからと言う理由があります。正直言うと一人で筋トレを行うのはとてもむなしい気持ちがします。

しかしながら大勢または二人で行うと気持ちも楽しくなりますし何よりも相手がいるのでいいなと思います。時々倒立をするときやブリッジをするときに手助けをしてもらいながら行っていました。とても楽しかったのを覚えています。筋トレはやっぱり毎日行わなければ意味がないんじゃないかなという気持ちになります。