大好きだった男性との謎な関係

出会いは職場で、たまたま居合わせた別の会社、職種の男性でした。http://noveinicijative.org/

数日間プロジェクトを共にこなしましたが、プライベートについて特に深く話すこともなく終えました。

すると数日後、SNSを通じて彼から連絡が。

私自身も色々な人に出会いたい時期だったこともあり、すぐに食事に出かけることに…。

意気投合し、朝まで楽しく呑み、その日は気持ち良く解散しました。

後日、また連絡をくれた彼。

この時点で私はすごく惹かれていたので、またすぐ合うことに。

こうして何度か会ううちに、お互いの家を行ったり来たりするようになり、

数ヶ月経つ頃には週に2?3回の頻度になることもありました。

私は完全に彼のことを好きになってしまい、どんな状況でも誘われれば喜んで飛んで行きました。

お互い仕事が終わるのが遅い日が多く、初めから家で集合することも多くなって行きましたが、

大好きなお酒を飲み、その日の仕事の話など、他愛もない会話を交わし、お互いの好きなテレビ番組を見たり、

ゴロゴロしたり、ただそれだけで、朝が来るとお互い出社していく。

彼のことが好きな私にとってはとても幸せな時間ではありましたが、

一方で、どれだけ一緒にいても、一緒に寝ていても、彼に、手を出してくる気配は無く、どんな気持ちで私に会ってくれているのか、不思議でした。

結局、ハグされることは有っても、それ以上は無い、私も、好きだと言えない状況が続き、どんどん好きな気持ちが大きくなっていってしまうので、

辛くなり、できるだけ外に出て予定を詰め、彼を忘れる努力をしました。

数年前の話ですが、淡い恋の思い出です。

彼はどんな気持ちだったのだろう。。

私の中学生時代の初恋

私の初恋は中学生の時でした。その初恋の相手は私のクラスメイトで隣の席の人でした。その男の子はどちらかと言うと冴えないタイプで、女友達の中には「あの子って全然カッコよくないよね。」なんて言う人もいるぐらいでした。
子持ちでも再婚したい…!子連れのシンママ向けの婚活

けれど、私は彼の優しい所が大好きだったのです。授業の時に彼が教科書を忘れて、私の教科書を一緒に見ることになった際には、ドキドキしました。よく家で彼と付き合うことになったら何処にデートに行こうかとか、何を着ていこうかと想像したものです。しかし、彼に気持ちを伝えて、振られたらと思うと、中々告白する気にはなれませんでした。それに、私が相手の男の子に告白することで、クラスで変な風に噂になるのが怖かったのです。

そうこうしている内に、進級してクラスは別々になって卒業することになってしまいました。一応、卒業する時に告白をしようと思って彼を探したのですが、上手く捕まらなかったのです。後になってあの時、告白できていたら、どうなっていただろうと思ったこともあります。結局、彼には振られて終わっていたかもしれません。

それでも、もっと早く告白しておけばよかったと後悔しています。現在、片思いをしている相手がいる方は、私のように「もっと早くに告白しておけばよかった。」と後悔することにならないように注意してくださいね。

私のサークルでの恋愛体験談を書きます。

私は学生時代にサークルに入っていました。そのサークルはとても賑やかなサークルで、ユースホステルにとまるというサークルでした。そのために学生時代はたくさんアルバイトをしてたくさんいろいろなことを行っていてたくさんいろいろなところにいきました。学生時代でなければ出来ないことを行ったのです。

医者との出会いが見つかる婚活サービス!医師と結婚したい女性は必見!

そこで私が知り合ったのがひとつ上の先輩です。その先輩のことをはじめはなんとも思っていませんでしたが、話をするにつれて面白くなってお付き合いを始めました。先輩と私の住まいは片道六時間くらい離れている所だったためにけっこうな遠距離でしたよね。

だから最近はよく付き合っていたなと思うくらいです。もう、なんというか、若いからできたというのがあげられる気がします。正直今この年で同じことをするといわれると出来ない気がしてなりません。ということで私はそういう先輩とお付き合いをして楽しい恋愛生活を楽しんでいました。

ぶっちゃけ言うと最初は全く付き合う何て言うことも考えられませんでしたし、どうしてご縁があったのだろうというくらい不思議なことだと思っています。私はご縁というものはすごいことだなと感じながら今を過ごしていますがそんな恋をして今に至ります。

人を好きになるのに決断が必要なときもある

20代の頃までは、誰かとつき合うことに決意した覚えはあまりなく、なんとなく流れで恋愛が進展していたように思います。

しかし、それなりにいくつか恋愛を経験してくると、なかなか考えなしに人を好きになることができなくなってきていました。

http://www.homoludicus-sabadell.org/

私が直面した最大の難関は、はじめからの遠距離。

彼のことが頭から離れないのですが、この気持ちが恋なのかもよくわからない。

簡単に会って確かめることもできず、悶々とした日々を送ることに。

彼が好ましいのは確かなのです。

しかし決め手に欠け続け、いつまでもグルグルと思考がループしていました。

考え過ぎで気力が落ちてしまい、自堕落になっていく一方です。

そんなときにわかったことは、恋をすることにも決断が必要なときもあるということ。

忘れることも、前に進むこともできずにいた私ですが、彼を好きでいると決めたときに目の前が開けました。

恋がうまくいくかどうかというのはまた別の話です。

ただ、彼を好きだと認めたときに、すごく楽になったし、自信が湧いてきて、自由になれた感じがしたのです。

人を好きになることに正確も間違いもないはず。

ときにはえいっと飛び込んでしまう勇気も必要なのかもしれないと思いました。