鏡の前に立った時や着替える時に、左右のバストが離れていると感じたことはありませんか?ブラをつける時はこっそりバストを一生懸命寄せている…という人も多いでしょう。なぜバストは左右離れてしまうのでしょうか?実はその原因は、普段の何気ない習慣にあります。

http://www.sport-runner.com/

・ブラのサイズが合っていない

・クーパー靭帯が衰えている

・ノーブラで過ごすことが多い

あなたに当てはまるものはありませんか?多くの人に見られるのが、ブラのサイズが合っていないというケース。柔らかいバストはどうしても脇に流れやすく、合わないブラをつけていると胸の形が崩れてしまうのです。

また、バストの形を維持するために必要な「クーパー靭帯」が衰えている可能性もあります。休日はノーブラで過ごすという人も多いですが、それではバストが支えを失ってしまい、バストが揺れるたびにクーパー靭帯にダメージを与えてしまうのです。

左右のバストが離れてしまうのを防ぐためには、まず自分に合ったブラをつけることが大切。また、バストを支える土台となる筋肉「大胸筋」をエクササイズ・ストレッチで鍛えることをおすすめします。簡単なストレッチでも、毎日続けることで効果を実感できるはず。

そして、就寝時はナイトブラをつけるのがおすすめです。ナイトブラはバストの形をキープし、横に流れるのを防いでくれる優秀アイテム。こうした方法でバストをしっかりケアして、脱いでもキレイなバストを目指しましょう。